HOME>Column>面接官に好印象を与える!面接での正しいマナーとは

面接官に好印象を与える!面接での正しいマナーとは

レディ

面接の前に流れを把握しておこう

面接で大切マナーは、質問される志望動機や入学してからやりたいことなどを自分なりにまとめていくことが大切です。突然、質問されて慌てなくていいようにメモにまとめておいて、自分で練習しておくと慌てずにすみます。まず、自己紹介です。自分の名前や家族や得意としていることを話します。また、この学校を志望した理由や入学してからやりたい事など入学したいことを話します。将来どのような仕事をしたいのか学校生活を将来に生かしたいのかをまとめておくと話がスムーズにいきます。その中で大切なのは、とにかく元気で明るい挨拶することが1番大切です。はっきり物が言えるというだけで、しっかりとした印象を与えます。まずは、少し自分なりにまとめていくと落ち着いて面接に臨むことができます。

面接

面接での注意点とは?

面接は、とにかく緊張するものです。まずは、冷静に落ちつくことが大切です。緊張したままだと質問されたことも聞き取れず、質問と違ったことを答えてしまうかもしれません。面接のマナーとしては相手の目を見て落ち着いて質問されたことに答えていくことです。まずは、お辞儀をして大きな声で自己紹介をすることが大切です。大きな声ではっきりと話すことで、しっかりいとしたイメージがもたれます。また、明るく笑顔で答えると相手も気持ちが良くいい印象が残ります。面接は、勉強などの内容よりも本人がどのような人なのかを短い時間で感じとるものなので、自分らしく受け答えをするのが大切です。緊張するものですが、いつも通りの自分をだしてアピールしていくといいです。