大腸がんに最適な治療法|早めの治療で進行を防ぐ

治療方法を知っておこう

カウンセリング

呼吸訓練が必要です

肺腺がんの治療は早期の場合、外科的な治療が選択されます。肺の手術は、術前にどれだけ準備をするかで術後が変わってきます。肺の手術は、心臓の手術同様に、非常に大がかりな手術です。そのため、術前には大きな不安が患者を襲います。不安そのものは、抗不安薬などで対応できますが、この時重要なことは、不安を精神病薬などで鎮静させながらも、術後に向けて痰を出すための呼吸訓練をすることです。具体的には患部となる胸郭に手を当てて、鼻から息を吸って口から吐き出します。手を当てないと、術後は痛みで呼吸が苦痛になってしまいます。このような工夫を術前にすることで、術後大量の痰を排出できれば、肺炎や他の合併症を予防できる可能性が高まります。

遺伝子に注目します

肺腺がんの治療においては、遺伝子を分析して癌に特異的な遺伝子変異がある場合を考慮した治療方法が関心を集めています。この治療方法は、まず癌細胞を気管支鏡検査などで採取し、癌細胞の遺伝子を検査します。癌細胞の染色体のなかで、癌細胞の増大に関わる遺伝子が複数特定できており、それを阻害する働きの薬を内服することで、肺腺がんの増殖を抑制できます。この治療方法は、あらゆる肺腺がんに適応できるものではなく、遺伝子の変異が起こっている場合にのみ適応できます。この治療方法のメリットは、癌細胞を特有に攻撃できる点です。他の抗がん剤のように問題のない細胞まで攻撃してしまい、多様な副作用が出現しない点でとても優れています。