大腸がんに最適な治療法|早めの治療で進行を防ぐ

乳がんの検査とは

家族

その種類とは

乳がん検診には、大まかに4つの方法があります。最初は「視触診」で目視で乳房の異常がないか確かめます。そのあと触診でしこりの有無やリンパの腫れがないか確認します。「マンモグラフィ検査」は、乳がん検診の中で最も信頼のおける検査方法で早期発見に効果を上げます。これは、乳房を2枚の板で挟んでX線を照射して乳がんを発見する方法です。「超音波エコー」は、30代より年齢が若い女性に使われる検査です。若い女性は乳腺が発達していて、マンモグラフィ検査では乳腺とがんの区別がつかないことが多いのです。これは、高い周波数の音波で乳房の異常を見つけ出す検査です。「CT 及びMRI検査」は、それぞれX線や磁場を使って画像に体を輪切りにした状態を写し出して乳がん検診を行います。

再検査になった場合は

乳がん検診で「要精密検査」という検査結果が出ても、ほどんどの場合は偽陽性で良性の疾患の場合が多いのでそれほど心配する必要はありません。再検査の場合は、「マンモグラフィ検査」と「超音波検査」を再度行いがんの疑いのある部位を再度確認します。さらに必要な場合は、「細胞診」や「針生検」などを行います。もし乳がんが確認されたら病気分類を行いその進行状況を調べます。CTやMRIで乳房内のがんのひろがり具合やほかの臓器や骨への転移がないか調べます。「要精密検査」ではなく「経過観察」という診断結果が出たら、ほとんどは良性の疾患なのであまり心配することはありません。半年ほどしてから乳がんの再検査をすることが必要となります。