大腸がんに最適な治療法|早めの治療で進行を防ぐ

乳がんの検査とは

家族

乳がん検診は、視触診やマンモグラフィ、超音波エコー、CT、MRIの検査方法があります。再検査となっても、ほとんどが良性の疾患でもう一度ほぼ同じ検査を受けます。また経過観察は、半年ほど経ってからの再検査が必要となります。

十二指腸にの癌

看護師

小腸の十二指腸の癌を十二指腸がんと言います。症状には腹痛、吐き気、下痢などがあります。症状が現れたら早期に内科を受診しましょう。十二指腸がんは早期発見できれば内視鏡での治療が可能です。粘膜下層まで癌が浸潤している場合は外科手術にて癌を切除します。癌の進行が重度の場合は放射線療法・化学療法が選択されます。

治療方法を知っておこう

カウンセリング

肺腺がんの治療では、術前に患者の不安を軽減しながら呼吸訓練を行うことが重要である。これにより、術後の肺炎などの合併症を予防できる可能性が高まる。肺腺がんの治療において、遺伝子の検査が重要である。これにより癌細胞に特有の遺伝子の変異がある場合、それを阻害する薬を使うことで、癌細胞の増殖を抑制できる。

大腸の疾患

女性

発症リスクが高い理由

大腸がんとは、大腸に発生するがんのことを指し、腫瘍が発生する部位によって、盲腸がん、結腸がん、直腸がんなどと呼ばれます。肛門管にできるがんが含まれることもあります。大腸がんが発生する原因は、生活習慣が深く関わっていると考えられています。中でも、食事や飲酒によって大腸がんを発症するリスクが高くなると言われています。最近では、食の欧米化に伴い、動物性食品や甘いお菓子やジュースのような嗜好品などの日常的な摂取もあり、大腸がんを発症するリスクがかなり高くなっています。食事や飲酒以外にも、運動不足、肥満、喫煙なども大腸がんをはじめとしたがんのリスクを挙げる要因となります。たばこは1日1本でも吸っていれば、がんのリスクがかなり高くなると考えて良いでしょう。

病院で行われること

大腸がんを発生した場合に行われる治療は、外科手術、内視鏡治療、化学療法、放射線療法などです。外科手術と内視鏡治療では、腫瘍の切除や摘出が行われます。放射線療法や抗がん剤を用いる化学療法は、がん細胞の減少や死滅を目的として行われます。外科手術や内視鏡治療は、軽度から中等度の腫瘍に対し行われる治療法です。ステージ4のように、症状がかなり進行している場合には、手術を行うことができない場合もあるため、化学療法や放射線療法が行われます。手術可能な場合にはできる限り腫瘍の切除を行い、化学療法や放射線療法も行います。患者の体力がかなり低下している場合や、症状がもっと深刻な場合には、これらの治療は行われず、痛みや苦痛に対する対処療法やメンタルケアなどが行われます。